価値観は違っていい

こんばんは、ももこです。

 

 

「え?そんなに怒るところ?」

 

 

しかも、頭に来るでしょう?

 

と同意を求められてしまう。

 


会社の上司だったので、

 

以前なら、「そうですねえ」と

 

当たり障りなく、受け流していました。

 

 

そうするとね、どんどん自分が誤解されて

 

私の本来の形ではない「私α」的な

 

役割を求められてしまいます。

 

 

(本当はそうは思っていないのに)

受け流しているだけで、「同意した」と

 

判断されてしまうわけです。

 

 

次に何かあった時にも、

 

「この人に対しては私αで対応しなくてはいけない」

 

と自分で、役割を決めて制限していました。

 

 

1回かかわるだけの相手なら、

 

それでもいいのかもしれません。

 

 

価値観が違うけど、もういいや。

 

それで済ませられますから。

 

 

でも、会社の人となると、

 

そうはいかない。上司ですし。

 

 

そうやって、私αでいようと無駄にエネルギーを

 

使っていたと思います。

 

 

たぶんこれは私の中で、癖のようになっていて、

 

夫婦の間でも、「私α」な役割を果たそうと

 

してしまった所があったのだと思います。

 

 

自分だけがそうしていればいいのですが、

 

夫婦は対等とも思っていますから、

 

夫にも、役割を果たすことを求めていました。

 

 

私にとってはそれは当然でも、

 

夫にとっては当然ではないこと。

 

これが価値観の違いです。

 

その価値観が違うことが許せなくて、

 

(しかも不倫をしたので)

 

責める気持ちを

 

ずっともっていました。

 


 

さて、妻の役割を果すべきと

 

思っていましたが、

 

どうも完璧になんて出きません。

 

そんな時に、夫は


私のことは責めることはありません。

 

彼は、そこに価値を置いていないから。

 

 

気にしていなかった。


 


…さて私はいったい誰と戦っていたんでしょう?

 


 

価値観が違うことで、辛いと思うのは、

 

自分が自分の価値観を許せなくて辛い。

 

価値観を全部守り切った先に居る「私α」が


本当に心地よいのか、考えてみませんか?


 

 

 

上司に「私はそんなに頭にきませんね」といったら、


「そうなの?」といっていましたけど、

 

案外、なんてことありませんでした。

 

「私α」をやめたら、すっきりしますよ。


本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000