兆候〜私の視点

こんばんは、ももこです。
さて昨日の続き。
今度は私の視点です。
今から考えるとかなりのブラック。
ブラックな人なんですよ。わたしは。
「子供を。。」

と言われたのは、

義父だけではありません。

当然のように、

私の両親からも言われましたし、

(主に父親から、男親ってそうなんですかね?)

職場の子供がいる人からは当然、

私はご高齢の方と関わっていた事もあり、

ご利用者さんからも、個人的な事ですが、

よく「早くしなさい」と言われていました。


本人たちにしてみれば、

子供を持つことが当然の価値観で、

子供を持って始めて一人前と、

心から、善意で忠告してくれている。

そう、頭でわかっていても、

どうも、責められているように受け取っていました。


そこにとどめを刺したのが、

お義父さんの発言だったというだけです。

これも、勝手に私がそう受け取っただけ!

自分で悲劇のヒロインになって、

夫を責める、操作するのに

使おうとしましたのが


「そんな事、気にしないよ」

って、夫に言って欲しかった。

ただ、それだけでした。

そうやって情で引き止めようと

していたのですよね。

それなのに出てきた言葉は、

「外で子供を作るなら先に別れて」

って、本当の気持ちとは、ずいぶん

矛盾した言い方だったと思います。

そう言われて、私の真意もわからず、

混乱した結果、

違うボロが出てきたので(笑)

結果オーライだったのですが。
 
 
ずいぶんとひどい扱いをしてしまったな、
 
悪いことしたな、と今なら思えます。
 
問題は私自身が、「子供を産まない」人生
 
をあきらめきれずにいたこと。
 
自分で決められないから、
 
夫に決めさせようとしたり、
 
不倫発覚後も、
 
不妊と不倫の問題を
 
結びつけて、ずいぶん夫を責めました。
 
 
「いないことでしか味わえない幸せもある」
 
そう思えた時に、
 
やっと、どっちでもいいと
 
選べるようになりました。
明日明後日は、出先のため、
写真をできたらアップしますね。
 







本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000