自分を縛るもの

不倫という爆弾が投下されて、


私の人生めちゃくちゃにされた、


もう終わりだ。



そんな風に思ったのは、


私だけではないはず。



その先の可能性なんて


何もなくなって、


ただ死ぬ時まで、


この不幸に自分を乗っ取られているしかない、


そんな人生を描いて


「終わった」


これから先なんの希望も持てない。


もう、楽しいと感じる事なんて何にもない。



そう思い込んでました。


直後はね、他に考えられないかも。


そのままで、不幸のままで

居続ける事も出来ます。

夫を恨んで、女を恨んで。


うーん、、、

一生それやってる?


私はね、どうしてもそれが嫌だった。

夫のした事。それは消しようがない。

「お前のせいだ!ふざけんなー!」

そうやって、当たっても、

気持ちを隠して、我慢しつづけても、
 
しんどい思いをするのは自分。
 
思いを殺しても、
 
思いに支配されても、
 
そこには私がどうしたいかが
 
入っていない。
 
楽しいも、幸せも、
 
何かあったからすべてを失ったわけではなくて、
 
ただ不倫をきっかけにして、
 
私を制限することを
 
私に課してしまっていた。
 
そうなれないと決めていたのは
 
自分自身。
 
本当は爆弾でやられたのではなく、
 
自分で縛っていた。
 
そこまで気が付けたら、
 
後はどんどん、気持ちが緩んでいく。
 
 
 
最終的にゆるみきったら、
 
「夫はどうでも~」
 
ってなりますから(^^)
 
写真提供(夫)

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000