怨みの応酬にしない

怨みたくなるようなことをされたし、

怨んでいたって、思っているだけで、

何も手を下すわけでもない。

好きなだけ怨んだらいい。


ただ、思っていることって行動に出る。

巧妙に隠しているつもりでも、

笑顔で接していても、

何かが出ている。


それを違和感と感じ取れるだけのセンサーを

人はもっている。


例えば、元気に遊びまわっている子どもの顔を見て、

熱が出ているのに気がつくお母さん。

言葉では言えないけど、

なにか違う。

そういうこと。

だから根本からの思いに気がついて

次に進むようにして欲しい。

何度決心してもぐらつく、

元に戻ってしまう人は、

何かまだ持っていることを自分で探ってみることが、

必要なタイミングなのかもしれません。


今日は新月。

江戸時代って、新月の暗闇の中女性同士が集まって

ただ、お互いの話を聞き合う集まりがあったそうです。

人に聞いてもらうからこそ、

怒っても見ないことが出てくることがありますよ。

石垣のかわいい子です。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000