やってしまうかもしれない

数年前ですが、


いわゆる介護殺人で、妻が夫を殺害した。


という事件がありました。


その理由が、


何十年も前の夫の不倫が許せなくて。


という事だったと思います。



この事件を知った時、


「いつか私もそうなるかも」と


全く他人事とは思えなかったです。



このまま一生恨みを引きずって生きるんじゃないか、


何十年か後のわが身を


思ってしまって。



そのころは表面的には何事も無く、


過ごしていたけれど、内面ではくすぶっていたものを、


見せられたかのような気分になりました。


それだけの恨みがある。



まあ、恨まれる側は自業自得ってことですけど、


恨み続けた上に、犯罪を犯すって、


割に合わない。。。そんなの辛すぎる。。。



ここには、介護そのものの行き詰まりもあったのだろうなと想像はしています。


いくら社会保険でサービスが仕えたところで、


家族の負担感がどうにもならない時もあるんです。


周りに助けを求めて、一人で抱え込まないで、と


呼びかけはあるけど、結局どこにもつながれずに、


どうしていいかわからないまま、


余計に孤独感がつのってしまう。


だからと言って、介護をやめることなんてできない。


一人じゃないと言われて、結局一人だったという事に、


絶望して思いつめてしまった結果。。。


そんなケースも多いんじゃないかなと思います。



そんな時に長年の恨みがむくむくと膨らんで来れば、


その一歩を踏み越えてしまう。



想像できるだけに辛い。


やってしまったことではなく、


そこまで恨みを抱え続けてきた時間が辛すぎると思います。



だから離婚したほうがいいという事でも、


介護になんてなったら面倒見ないという事でもなく、


恨みを抱え続けているのをやめましょうよ、


という提案です。



恨むという事は、恨む相手を思い続けていることだと思います。


何を思うか、を変えていくことが、回り道の様で近道です。



本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000