受け止めてもらえること

こんばんは、ももこです。


発覚して3年以上たって、


友人にやっと話ができるようになりました。

 

 

あの時は、お祝いの気持ちで居られなかったこと、


そのことがずっと気になって言えずにいたことも、

 

全部話して、やっとホッとしたのが、去年の秋です。

 

 

夫が不倫しているようだ、と

 

わかった翌日は、友達の結婚式で遠方に出かける日でした。

 

その間に、夫は不倫相手と沖縄旅行に行くことを知っていました。

 

 

はっきり言って気持ちはそれどころではないのですが、

 

もしかして違うかもしれないという希望を捨てきれずに、

 

出先から夫に何度もメールを送っていました。

 

「何してる?」

 

「欲しがっていたものが売ってたから買っていくね!」

 

「沖縄の写真送って!」

 

何か用事を見つけては、短く送るメール。

 

 

そこに夫一人が船の上で写った写真が送られてきました。

 

 

これって、一緒に言った相手にとってもらった写真だよね?

 

そんなものよく平気で送ってこれるね。

 

どういう神経してるの?

 

 

そう問いただしたい気持ちを抑えて、

 

「今はまだ駄目だ」と自分を必死で止めていました。

 

 

友人たちと一緒に宿泊して翌日の結婚式。

 

「私の結婚は終わったんだ。。。。。」

 

幸せな友達の晴れ姿に、自分の不幸を比べていました。

 

ずっとみじめで、情けなくて。苦しい。

 

泣いているのも、周りの人とは違う理由。

 

私がそこに居ることが申し訳ない。

 

まるで、不幸を作り出す原因のように自分が感じられて、

 

いたたまれなかった。

 

 

その時のこと、お祝いできなかった気持ちが、

 

ずっと罪悪感として残っていました。


3年たっていたけれど、その時のこと、

 

「ごめん」と私から謝ると、

 

「大変だったね、そんな時に来てくれてありがとう」

 

と言ってくれました。

  

  

けして、自分の結婚式の時に、そんな気持ちの人がいたなんて、

 

いい気分な話ではありません。

 

 

友達はこんなに器の大きい子だったんだな。

 

私が、勝手に受け止めてもらえないだろうと思っていたことは、

 

まったく自分の思い込み。

 

 

人に話して受け止めてもらえるってありがたい。

 

何をする必要もありません。

 

ただ、そうなんだねって言ってもらえるだけでいい。

 

 

話すことで癒される。

 

それを教えてくれました。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000