儀式

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ワーク&シェアのこと公開しました。

思っていることをきちんと言葉にしてみませんか?

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

人が亡くなるとお葬式をします。
 
弔うというのは、
 
自分の大事な人がいなくなってしまったことに、
 
けじめをつける作業のように思います。
 
亡くなったことを受け止めるための儀式。
 
逆に「晴れ」のことも儀式をしますよね。
 
結婚式とか、
 
初詣とか、
 
何かの区切りにイベントを用意しています。
 
節分なんて、まさに季節の分け目で
 
次の季節を迎えるためのものですね。
 
 
不倫をされて、
 
その次に進もうという時に、
 
さて、儀式はしましたか?
 
自分の気持ちにけじめをつける作業です。
 
なんのためにするかというと、
 
やはり次に向かうために必要なことなのではと思います。
 
別れるか、再生するか、保留にするか。
 
どうするにしても、
 
今の自分の気持ちを一旦受け止めるための時間。

  
悲しいなら、気がすむまで泣く。
 
儀式だから、周りのことは気にしません。
 
悲しむという儀式をやりきってないと、
 
思い出しては、また同じところに戻って来てしまうことが多いように思います。
 
 
ほら、昔の彼氏とか、ちゃんと別れずに、
 
何となく連絡を取らなくなって終わったりすると引きずりません?
(身に覚えがあります!)
 
 
一旦区切ることができれば、
 
今にすぐに戻ってこられます。

過去は過去。今は今、という線引きができますからね。
  
   
 
最近じゃ、離婚式なんてのもあるらしいですが(^^;)
それも、次に向かう、おめでとうの儀式ですね。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000