しつけるのは無理だし

夫婦になったから、


お互いに秘密はナシね!


言いたいことはナンでも言いあおう。


隠し事はいけない。


秘密のために嘘をつくことを重ねるから。


オープンにできない夫婦なんて。



どこか、そんなドラマのような、


夫婦らしい夫婦の関係を思い描いてました。



秘密はないけど、言わないことはもちろんあります。



四六時中一緒にいたって、


全くプライベートがない関係なんて、


私自身が耐えられそうもない性分のせいか、


あんがい、平気で夫を置いて、一人でよく出かけあるいてました。




まさかの知らない時間に不倫活動をしておったのですが、


まさかそんな秘密が隠されているとは、


思いつかなかった、観察眼のなさに、


反動の見張り活動はエスカレートして、


私が休みの時には仕事場付近までどころか、


不倫相手のマンションまでウォーキングというか、


ストーキング。



自分でやっているのに、ほとほと疲れ果てて、


そのことも、夫のせい、あいつが悪いと


直接言わないけど、、


わりと前面に押し出して態度に表してました。



その結果、何が起きたかと言えば、


夫の逆切れ。


そんなもんです。



そもそも不倫活動に軽々と踏み込める人は、


人の気持ちの重荷など、


そんなに持っていられず逃走したい気持ちが勝つのです。



たぶん逆切れしなかったら、今でも当たっていたでしょうから、


必然の逆切れだったのですが。



何を長々書いているかと言うと、


「相手を責めても解決しない」


ということ。



「相手」をどうこうしようと活動しても、


どうもいい結果にはならなそうだ、と。


被害者として、反省を求めたり、


弱い立場であるように泣いてみたり、


正義の代表のような顔をしてみたり、


やっていることのすべては、


夫をなんとか”しつけ”てやろうという精神。



犬ならしつけられるけど、


夫はねえ、、、人だし。



ひとなら人らしく対等な立場になってみたら、


やっと、どうしたいか考えられるかも。


本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000