開き直ってもらわないとこまる

こんばんは、ももこです。


夫はまだ、帰ってないです。本当にご苦労様です。



お仕事で遅くなっているのも、


直後は「また女のところに言っているのか」と


疑い、責める気持ちを持つけど、


責めちゃいけないと抑え込んで、


自分の頭の中でじたばたしていました。


抑えが利かなくなることもしばしば。。。




不倫していたのがバレてから、妻に責められて、


逆切れする人も多いようです。


自分は悪くない、常日頃からストレスになっていたお前が悪いのだと。



もうね、アホかと。


何言ってんだと。



やったことは消しようがない。


自分のしたことを正当化するなんて、


ただわが身を守りたいがための言い訳です。


そこは、受け止めろ、と言っておきたい。



が、


それとは逆に、


不倫をしたことをいつまでも反省されたら、どう思うでしょう?


「俺が悪かった」


「許してくれ」


「一緒をかけて償う」


「やっぱりお前が居ないとダメだ」。。


これが、続きます。延々と。



。。。

うざっ!!!



最初のうちはそれで満足するかもしれません。


妻からすれば、悪かったのは不倫をした夫に違いありませんから。


で、そういう夫だとしたら、


いつまでも反省し、恐縮し、妻の犠牲となって人生を歩むと誓う、


そういう夫と夫婦関係を続けていきたいでしょうか。



支配する人と、される人。


そんな夫婦関係を望んでいますか?



私のイメージする夫婦再生って、


お互いが上も下もなく、弱みと強みを分け合える関係です。


だから夫には、ある程度のところで、


(ある程度は反省してよ、というエゴはもちろんありますけども)


反省おしまい!として開き直ってもらわないと、


夫婦再生に向かっていけません。


夫が反省しなければ、という気持ちを持ち続ければ、


私は反省させる役をいつまでも続けることになります。


だから、開き直ってもらわなければこまるんです。


再生したいと願っているなら、ね。


本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000