プラスはなに?

どうにも選べない時。

自分の意思だけではなんともならないとき。

出来ることはしたとしても、

希望は通らない事もあるでしょう。


例えば、今日はお出かけだけど、

子供が、とか。親が、とか。

寝坊した!とか。単に気が乗らない、とか。

相手がいれば先方の都合とかもあるかな。


予定が急に変更になって、

うっかりすると変更の原因になったことを責めてしまいます。


本当にどうにも出来なくて、という時ではなくても。


そんな時には、ちょっと見方を変えてみる事はいかがでしょう。


「この事で私は何を得ているんだろう」


仕方ないとはいえ、自分がそうしたくて、している事なら、

楽しみにしていたことに参加できなくても、

「(楽しみにしていた事については残念だったけど)〇〇できてよかった」

と思えますよね。

それをちょっと広げてみます。


できなかった事で、気がつける事。


予定が変更になって、

・寝坊した←疲れてるから休みなさいってことね

・約束がドタキャン←一人の時間を過ごしなさいってことね

・急用が!!←私にとって本当に大切なものを知るタイミングなのね


どんな解釈でもいいです。

とにかく何かしらの、プラスを考えてみる。


それは、被害者意識から一歩抜け出しすことです。


なら、不倫されたことの意味もあるの?!

はい、多分あるんです。

すぐには思いつかなくても。

理由をつけられないなら「(空白)」

にして、置いておきます。

もしくは「〜だからかもしれない(仮)」

と、仮説でもいいです。

違う見方も出来るぞ、って気がつくことが

次の一歩の手がかりになるかもしれません。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000