「伝える」のは

結婚してからなら

「そんなつもりじゃなかった!」
って、思ったことありません?

不倫なんて、最たるものですよね。

そんな人となら結婚しなかったのに。

そういう、どうにもならない後悔を何度したことか。。。



私は、大きなことが起きる前から、

そんなはずじゃ!

ということが一緒に住んでからたくさんありました。

日々暮らすことって、細かいやりとりが、とっても多くなる。

一緒に生活をして行くためのこと。

業務連絡的なこと。


もーーー、これが、全然伝わらない。

伝えたのに、つたわってない。
言ったのに、わかってない。

「言ったでしょ?!」

ということが、ゴロゴロあちこちで起きていた。

「私の言うことを聞いてない」

自分は「言った」から、
相手は「聞く」=「分かる」
のが当然。

本当にそんなの当たり前?


そうじゃなかった。

他人と暮らしても、ずっと気がつけなかったこと。

すれ違い切った末の結果だったかもしれません。


相手も、自分も、

伝えようと努力する。
分かろうと受け止める。

お互いの歩み寄りがあって、やっと、初めて理解できます。

もしかして最終的にわかりあえなくても、

伝えようと努力したことは、言葉以外のことで、伝わってます。

ちょっと言葉に頼り過ぎてた。


「言った」言葉以上に伝えたいことがある。


すれ違っていた言葉は、たぶん業務連絡より、

私はあなたと、一緒に暮らすことを楽しみたいんだ、と伝えたかったのだと思います。

そう伝えていたら、何か変わっていたかもしれない。


言葉には傷ついた人は、特にこだわってしまう。

表面の言葉に惑わされないで。

きっともっと伝わってほしいことが、
お互いにあるはずだから。


けずりいちご!美味しさは言葉より写真が伝わりますね。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000