春分に背中をおされてみる

今日は春分の日ですね。

 

なのに、雪ー!

 

寒いし、雪だし、すっかりおうちでのんびり過ごすことになりました。

 

 

 

この日から新しいことをスタートさせるといいとか。

 

 

新しいことを始めるためには、時間も手間もかかります。

 

勇気も知恵も、そして今他のことをしているのなら、それを手離すことも必要。

 

当たり前のように卒業して、入学をしていた学生の時には

 

気が付かなかったことですが、出会いと別れは常に繰り返していて、

 

一生同じことなど無いのだと、そのころから体験していたのですよねえ。

 

たとえば、同じ高校の友人と今でも付き合いはありますが、

 

関係性は少しづつ変わってきて、今も続いているところがあります。

 

それは、良くも悪くもなく、変わっていくことが当たり前なのだろうと思います。

 

今を維持する方が、安心安全であるかもしれません。

  

いつまでも同じ10代の気持ちのままで!なんて、

 

笑って言ってますけど、そうじゃないことも知っているのです。

 

 

つい、夫と今までの関係を維持することにエネルギーを向けてしまいますが、

 

やっぱりそこは、変わらなければ、始まらないものがあるのだと思います。

 

もう元には戻らないのだから、今から作り始めるしかない。

 

なら、現状維持することにこだわって、エネルギーを浪費するより、

 

変わることを受け入れるほうが、よっぽど前に向けるでしょう。

 

 

穴の開いたバケツに水を入れ続けるより、


バケツの穴をふさぐための行動をとった方がいいだろうし、

 

新しいバケツに交換したっていいんですよ!

 

バケツなら簡単なのに、夫となると、なかなか簡単にはそう思えない(笑)

 

 

いいんです、迷いながらでも、

 

まず、穴が開いているぞ、このバケツは。

 

と、わかるところからスタート。

 

 

ちなみに、このバケツは個人の持ち物なので、

 

「あなたがこのバケツに穴をあけたんだから、何とかしてよ!」

 

と言っても、通じませんよ。自分で何とかするしかないのです。

 

 

夫だけじゃなく、どこの人間関係でもあてはまるかな。

 

この時期、学校も、仕事も異動があって、変化するのにうってつけの時期。

 

春分の日に背中を押されてみるのもいいかもしれません。

 

 

どんな人でも人間関係の中で、自分が生かされています。

 

まったく、一人ってことはない。

 

ひとりづつ自分のバケツとうまく付き合って、

 

その中で変わること恐れずに居られたら、

 

自分の出来ることの枠が大きくなっていくのでしょうかね。

 

バケツ万歳。変わる、そして出発する人に幸あれ。

 

 

私自身がそうありたいな、そうしようと思っています。

 

まずは、この日に合わせてお財布新調しました(^^)なにごとも形からはいるタイプです。

 


ミゾレに振られるミモザ。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000