イベントおしらせ

こんばんは。ももこです。


この週末に祖母のお墓参りに行ってきました。


いとこも、叔父も、妹も、みんな遠方から集まって、それぞれの顔をひさしぶりに見て、いい時間を過ごせました。



そこには夫も一緒におりました。

前に親戚にあった時は発覚前だったはず。


どういう思いでいるかわかりませんが、妻の実家関係者の中にほうりこまれれば、緊張しないはずがない。


言葉数も極端に少なく、やたら汗をかいている様子に(わかりやすい笑)

「ここに来たことが彼にとってはすでに頑張っていることなんだ」

と、改めて参加してくれたことにありがとうと伝えました。


発覚後そんなに間もないころに、どうしてもと言って、夫につきあわせて

夜中に車を飛ばして祖母の墓参りに来たことがありました。

本当にお墓だけ参ってとんぼ返り。


そのときはお墓に向かって、「おばあちゃんお願い。なんとかして守ってください」と、

ただお願いをしに行ったような気がします。

 

たぶん、夫婦で居られるようにお願いをしていたのだと思いますが、考えてみたら、祖母は祖父が不倫したことを許せないでいた人でした。


その、祖父は私が生まれるよりもだいぶ前に亡くなっています。

あれ?同じお墓に入っているはず。。。お願いする先、間違えたかな。。。?



もし、おじいちゃんが生きていたら、おばあちゃんは許せてたのかな?

今回ふと、そんな疑問がわきました。


時間が経てば怒りは遠ざかるかもしれません。

でも、それで気が済んだ、もういい、と言えるかどうかはまた別のことなのだろうと思います。

もしかして、これからどうなるか考える間もなく亡くなってからこそ、恨みが消えなかったとも考えられます。


おばあちゃんは、自分の夫と共に年を取ることができなかった人です。

年を追うごとに、もしかして消せたかもしれない恨み。

晴らす相手も亡くし、昇華する時間も持てなかったことは想像できます。


だったら、同じ体験をした私が、これから夫と共に年を取ることで、自分の気持ちが変わっていくか、代わりに経験することができます。


自分のことを崖から突き落とした相手と夫婦を続けること。

もう一度、本当に心からの信頼をすることができますか?

年を取った時にも、相手のことを受け入れられるでしょうか。

たとえば、看護や介護が必要になったときに、本当に親身になれる。。。?


まだ、なんとも答えは出ていないことばかりです。

今の時点で、自信をもってできるとは言えない、「わからない」というのが正直なところです。


もしかして、途中で嫌になって投げ出すかもしれないけど(笑)


世代を超えた実験と言ったところでしょうか。


それを面白がって見るくらいの余裕をもって、これからの夫と共にいる時間を興味深く過ごしていきたいと思います。



ゆりこさんのブログでも紹介してくれています。

ハートツリーのみんなで開催する初!イベントがあります。


8月5日 PM の予定。


以前に遭った人には、「実在していたんですね!」と言われました。

botとかAIじゃありませんよ。。。


不倫があって、そのまま夫婦続ける人なんているの?

そんなの我慢しているだけじゃない?

再生なんてありえない。


そう思っている人、見に来てください。

そんな実物!が、ごろごろ居る現場を目撃すれば、自分もそうなれると考えられるようになりますよ(^^)

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000