夫婦再生を特別なことにしない

こんにちは。ももこです。

 

またもやお久しぶりになっています。すみません。

時間ができると海に行ってしまうもので。つい(笑)

 

しばらく私の不調の時期と夫の調子の不安定さもあって、お互いがバラバラに海に行くことが続いてました。

 

先週久しぶりに二人そろって海に潜りに行っていたわけです。

 

海そのものが好きで、ダイビングが好きで、魚を眺めて浮いているのが楽しいので、誰と出かけてもそれぞれに楽しいのです。

 

それが、まあ久しぶりに夫と海に潜ったと。

 

わざわざ二人でお互いのことを気にしあう環境に身を置くことで、得られていることもあるとは思います。

普段はバラバラのことが多い夫婦だから、全身のアンテナを相手に向けることなんて他にはない機会です。


ま、不倫相手とダイビング旅行に行っていたことをいちいち思い出すことにもなっていたのですけどね。

今じゃ「バカだね~バレバレだったね~」と心の中でほくそ笑むくらいになっていますよ。

 

 

海に潜るということそのものが、特殊と言えば特殊な趣味かもしれない。

ただ、それって特別な夫婦になっていることではないのです。


さっきも書いた通り、陸ではバラバラ。

お互いが、自分のことは自分で何とかするという方針で日々いるようなところがあります。


何とかするのは、生活より自分の感情について。

自分の感情については、お互い自分で何とかしようねという了解が出来上がっている所があります。 

 

不倫前と一番変わったと感じるのはそこかな。

 

不倫前は私の方が、私の不機嫌を夫に預けていました。

今考えれば、超迷惑!


ま、それ以上の不倫って迷惑で返されたから、そこはお互い様ってことで。


 

話をちょっと戻すと、趣味という環境は変わっていても、夫婦として特別ではないという事です。

 

何となく、不倫をされたら離婚するのが一般的。

ましてや子供が居ないなら、それが当たり前。

 

なのにまだ夫婦でいられるなんて、よっぽど特別な状況でしょう、と思われるかもしれない。

 

なーんも。

 

特別に思い合っているとか、愛し合っているとか、たぶん無い。

ましてや、不倫が無かった夫婦より愛情が深いとかも無い。

(わたしとあなたの線引きははっきりできるようになったけど)

 

不倫後に再生することは特別ではない。そんなに難しいことをやったりもしません。

 

何を選んだか、だけ。

 

とてつもない苦行をやり遂げないとたどり着けないことだと思っていたら、たぶんすごく遠い所を目指し過ぎているのかも。

そんなものすごく特別な夫婦にならなくていい。夫婦で居ることを重荷にしてしまっては、続けることが辛くなる。

 

「不倫」したからには、それ以上に夫婦に手間と暇と愛情をかけなくちゃ、なんて考えていたら自分がつぶれてしまう。

ましてや、今すぐにでも逃げ出したい夫からしたら重すぎる。


「理想の夫婦」を追い求めるより、今できる、「夫婦」をそのままうけとめること。

 

それの積み重ねの先に再生を感じられる瞬間がきっとあるんです。

 

 

今回の夫婦ダイビングで再生を感じた瞬間。

 

真夏の海のあとにパピコを分け合える相手がいてよかったー!とおもえた時です(*^_^*)


え?庶民的すぎ?

小さいことに幸せを感じるのがうまくなったことも、積み重ねの結果!

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000