なくしていたもの

こんばんは、ももこです。


先日の満月はちょっと縦長ではなかったですか?


前日も天気が良くて、よく見えたのですが、前の日の方が丸かったような。。。


調べてみると、満月の一番丸く見える時間が朝の8時前だったそうです。


なるほど、そうすると、満月の晩よりも、前日の方がより丸く見える時間に近かったわけですね。


納得。



なんでも、気になれば調べてみることで新しい発見があったり、


特に、利益になることはないけれど、私にとっては好奇心が満たされることはうれしいことです。


自分の外のことに気を向けられる、というのは自分が満たされていないと難しいものだなと思います。


不倫されてからは、自分のかけていることばかり気にしていましたし、


なんなら、夫とお互いの人間性を否定しあうような言い争いで、消耗していたりしますから。


私は悪くないとわかってはいても、どこかで消耗し、傷ついているのです。



かけている自分


かけている夫


私に痛みを与える世界から身を守るために、外の世界に気持ちを向けるよりも、


自分から閉じこもってしまう方が、痛みを感じなくていいと思ってしまう。


何も感じない箱の中で、ただ時間が過ぎていくのを眺めているような時間を過ごしていたこともありました。



人によって差はあるかと思いますが、私自身の原動力には、外の世界に向かっていく好奇心が大きくかかわっています。


知りたい、わかりたい、見たことのないものを見たい、体験したい、そんな気持ち。


私が私を箱の中に閉じ込めていたら、私の好奇心は当然満たされません。


でも、「夫に閉じ込められた、夫がいけないんだ」と箱の中で、ぶちぶちと文句を言っていたりするのです。


夫がしたことに痛みを感じていたし、その痛みから逃げ出したい気持ちになったのは事実です。


ただ、それは自分を箱に押し込めることでは、何にも解決しなかったんですよね。


自分の好きなもの、好きなことを思い切り開放することで感じられる、「わくわく感」「生きてる感」というんでしょうかね?


そういうもので自分を満たしてあげると、自分はもう世界から傷つけられることなんて気にならなくなるんですよ。


「気にならなくなる」のであって、痛みがなくなるわけではありません。


これも重要なところで、どんなにガードしていても痛みはなくならないなら、傷ついてもできるだけずぐに回復できる「私」になることが必要なのです。


私自身は、自分の中の好奇心をあちこちに向けられるようになることで、自分が満たされるようになりました。


あなたは何で自分を満たしますか?


もし、なくしているものがあれば、自分で箱の中に閉じ込めてないか、探してみてくださいね。



海が好き、もありました。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000