投げ出したいとき

こんばんは、ももこです。


私も、何か新しいことを始めるまでに、何かといろいろ言い訳していました。

何もせずに変わらない日々が一番いいと思っていたんです。

本当は自分の人生に不満を感じながら、見ないようにしていた。

不満は無いように言っていながら、どこかで違和感を感じ続けた結果、

どうしようもない外圧がかかって動き始めることになりました。

出来れば、その外圧は無くすすめられた方が、辛くないです。



自分で始めたこと、

やらなくちゃならないこと、

人から頼まれてしていること。

始まりはいろいろあるけど、

好きでやっていることでも、投げ出したくなる時ありますよね。


私はよくありますよ(^_^;)

「もういいや」とか「私にはやっぱり無理」「向いてなかった」

とかとか、いろいろ出てきます。

他にもたくさんのやらない理由をつけて、

何とかあきらめてしまおうとするとき。

なんだか、周りから望まれてないんじゃないような気がするとき。


そんな時はきっと、自分が自分にこうなりたいと望んでいるときではないですか?

自分が望んでいるのと同じくらいに、

人に望まれたい。

必要とされたい。

という、自分自身の心の声。

その温度差を感じた時に、

そうなれていない自分に駄目だしする声なんです。


なんでそんな声がするのでしょう?

それって誰が言っているのでしょう?

そんな時はなんで、自分がやりたいと思ったのか、

そのきっかけを思い出してみましょう。

そのきっかけは、自分自身の中から湧いてくるものでしたか?


きっかけが、もし今の自分を否定する所から始まっていたら、

それは本当にやりたいことなのか疑ってみたほうがいいかもしれません。

自分以外の誰かになろうとしている、

そのことに違和感を発している声かもしれません。




もし、本当に自分のやりたいこと、奥から湧いてきた願いだとしたら、

現実と差があることに怖いと感じているのかもしれません。


人は恒常性(変わらないこと、一定を保つこと)を求めます。

もうこれは生物的に、細胞レベルで、

カリウムとナトリウムのバランスを保とうとします。

だから、変わることは本能で怖いと感じるのです。

自分の身を守るために。


それだけ大きな変化をしようとしている。

それに気が付くこと、

そして、怖いということを認めてしまいましょう。

コワいですよー。

で、コワいけど進めます。少しでも。

すると人は環境に適応してきます。

これは人類がアフリカで生まれてから、

今は全世界に住んでいることでわかりますよね。

少し進んだ所になれたら、

また少し…

これを繰り返すことで、目的のところまでたどり着くのです。

そして人類は世界中に広まっていきました。

少し大げさと感じるかもしれませんが。

たどり着くには、時間と失敗の積み重ねがあったはずです。

失敗=経験です。

経験を積み重ねるから、わかるようになる。

自分のしたいことも、今すぐは飛べなくても、

いつかのあなたにはできるようになる。

ただ、必要なことは、

動き始めること。

経験を積むこと。

この二つです。

投げ出す前に、自分のやりたい気持ちと立ち止まって

しっかり向き合ってみてください。

また次の一歩を踏み出せますよ。


本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000