人の目が気になることがあったら

「絶対」も「完璧」も絶対ないという矛盾。


あまり考えていないように、軽く暴言吐くと友人間では定評(?)のある私ですが、

実は、嫌われたらどうしよう、あの時のことを怒っているのかもしれない…

と気にすることがあります。

私自身が何かすることで、躊躇しても、やってみて後悔することがあっても、

「やっちゃったー、まあしょうがないよね」であきらめがつくのですが、

これが、対人になると、がぜん「どう思われただろう?」を気にしていました。

これはもう、がぜん自分のこと以上に人が何を考えているのか考えて、

あーしていたら、こーしていたら…と延々考える時間のながかったこと。


その時間返して!って今は言いたい(笑)

そのくらい、意味のないことですよね。

私の感じたことは私個人のこと。

同じように相手がどう感じたかは相手のこと。

それを取り出して、「そう思ってほしかったんじゃないんだよ」

と主張しても、何ともなりません。

私がどうすればよかったと反省して、次にどう伝えようか、

と考えることは意味があったと思います。

けど、その時の相手の感情をどうにかしようとしても、

過去のこと、ましてや人のことは、どうにもなりません。


どうにもならないんだ、とまっすぐ見つめてみてください。

人の目を気にするということは、

人がどう思うか、人がどんな感情を持つか、を気にすること。

それは自分の手ではどうにもできないことなんです。

やりたいほうだい、言いたい放題ではなく、

自分の思ったこと、言ったことを素直に出していい。

どうなるか結果は引き受けると決めて、そのままだしてみましょう。

人の目は自分の目ではありません。

相手がこう思ったかもしれない、と考えていることも自分の目の範囲のこと。

本当のことはわからないんです。

引き受けると決めるために、自分に許可します。

根拠のなく「自分にOK」することができれば、人の目は気にならなくなります。


人と分かり合うことは、自分の思いとおりに進むことではありません。

自分の思い通りにしたいというこだわりを捨てて、

その結果まで含めて、受け止めることが、

分かり合えるということなんではないでしょうか。

結果を引き受けることができるなら、自分が言うことに人目を気にすることはない。


とはいっても、

私自身はまだまだ、言って後悔することもあります。

その結果まで受け止めきる所の、道半ばにいるのだとおもいます。


失言の多い私ですが、そこまで含めて認めて付き合ってくれる友人や仲間、

そして夫も。

その存在がありがたく、いつも教えられてます。ありがとう。



本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000