位置で関係が変わる?

時々カフェでブログを書いていますが、
いろんな人がいておもしろいです。
カップルで来ているけど、向かい合う二人掛けの席に
隣同士で座っている人とか。
わかります???

□□□□□←イス

○○○○○←テーブル

□□□■■←イス

■の位置に座るわけですよ。
そんな込んでいる店内でもないし、
いいのです、ぜんぜん。
向き合わないんだー。
そんな位置関係がちょうどいいパートナー関係ということね、と妙に感心してしまいました。
この座る位置というのは、
相手との関係を象徴していますね。
「女は三歩うしろを歩く」
なんて、その時代の男女の関係性そのものを表現してますよね。
それを利用して、対人援助のお仕事の時には、
位置関係から作りたい関係性をデザインすることがあります。

○←クライアント

●←私


これは正面で相手と向き合い、間にテーブルを挟んでいる状態。この状態は、心理的には距離感や対立を思わせることがあります。正式な場所という印象もありますので、オフィシャルな場だとこれが落ち着くこともありますね。

○←クライアント

□●←私


これは90度の位置にいます。距離も近くなり、あいてとの間に机を挟んでいませんから、親しみを感じやすい状態です。顔を見ることも、背けることも自然としやすいので、リラックスできる位置関係と言われています。カウンセリングなどするときにはこの位置関係が相手といい関係を築きやすいをと言われています。

□□

●○←横並び


カウンター横並び。半分自分と向き合っているような語りになりやすいです。
信頼関係がすでに築かれている状態で、顔を合わせなくても、相手の気配を察することができる関係性がすでにできている時におすすめです。
バーで相手との距離を一気に縮めたいときには有効かも?!
さて、この位置関係を夫婦関係で応用すると?
自宅での食卓の位置を変えることで、話の内容もかわってくるかもしれませんよ。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000