ばれてます

相手を攻める気持ちは毛穴からでてしまう。
攻める気持ちだけではないですね、ほかにも感情は言葉にしなくても相手に伝わっています。

そんなことがあると思いますか?

実は、人は言葉を使わなくても、コミュニケーションできます。表情や雰囲気からどんな変化をしたか、具体的に言葉にはできないような微細な変化にも気がつきます。

人によって鈍い人もいるのでしょうが、そんな人は表面に現れている言葉に気を取られて、その下に現れている微細な変化を読みのがしています。


特に言葉にこだわることで痛い目みてきた私が言うのですから、間違いない。仕事でも、夫に対してでも、相手の言葉を鵜呑みにして振り回されることの、なんと多かったことか…


コーチとして自分で学んでいくうちに、私自身がその感覚を身につけていきました。
身につけて、ではないですね、本来持っているものだから、思い出した感覚でしょうか(^^)

信じられません?

動物を飼ったことのある人はわかりますよね。
言葉が無くても伝わっている感覚。

動物からは伝わるのに、なぜ人になるとわからなくなってしまうんでしょう?
人が思いを伝える時は、言葉を使います。
頭で考えてから言葉を出すまでに、自分が表現できる言い方、に変換されます。
その言葉がその人の感情を正しく表現できているかはわかりません。
いかに言葉と感情が一致されて表現されているか。
これが頭と自分で思っている気持ちが一致されていれば、問題ないのですが、、、。
うらはらな人もいませんか、、、?笑


自分の言葉をまっすぐ伝える。
毛穴からでている感情はすでに相手に伝わっているとしたら、言葉と感情が違うことで、相手には違和感から混乱を伝えてしまいます。
たとえうまい言葉で表現できなくても、そこに自分の感情が一致して話ができれば、伝わります。


自分の感情を相手にまっすぐ伝えること。このことで、相手は安心できます。
安心できる相手なら?

一緒にいたくなりますよね♪




本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000