否定は否定を呼ぶ

私の祖母は祖父に不倫されていたそうです。大好きだった祖母の葬儀のときに初めて聞かされました。
祖父は私が生まれるより前に亡くなっていたので、孫には一言も言った事はなかったのですが、その20年後、祖母は亡くなるときまで、その時の思いは手離せずにいたと、つい最近まで思っていました。

「おばあちゃんが可哀想だ」
その話を聞いてから、ずっとそう思ってました。
おばあちゃんの事大好きですから。
と同時に、
会ったこともない祖父を人として否定する気持ちがどこかにありました。

不倫なんてされたら一生恨むでしょう。
それは、私が勝手に自分で思い込んでいたことでした。

その思いが「あなたが不倫するなら、私もする」と言わせてたのでしょうね(^_^;)
絶対されたくないという気持ちがあったから。


でも、その祖父がいなければ、

私は居なかった。

当然ですよね。

私を作る遺伝子のいくらかは、不倫するような人でできている。
それを認めたくなかった事も気がつきました。
そんな自分の存在を否定し、誰かに裏切られる事を恐れていました。

そう。私はわりと近い身内でいたけれど、考えてみれば、何代もたどれば身内には1人はかならず、不倫した人いるでしょう?
明らかにはなってなくても、どこかで繋がりはあるはず。

不倫した人、その行為は❌ですよ!
人を深く深く傷つける行為だから。生きたまま心が死んでしまうかもしれないほどの傷です。

でも、そんな祖父でも、
人として見ると、
不倫=その人の全てではない事も認めざるを得ません。
職業人としても、父親としても、きっと、その時代の精一杯生きた1人です。
人生の全てを否定されるような人って、いないんじゃないでしょうか?

祖母がどう思っていたかは、今更わからないのですが、手離していて欲しいという気持ちに変わりました。


不倫はしても、自分がパートナーとして選んだ人を人として否定しても、何の解決にも向かえません。

否定には否定が、返ってきます。
信頼には信頼が、返ってきますよ。

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000