問題を行動に変換する2

昨日の続きです☆


次に、意向に対して、どうしたいか?を考えます。

ここでのポイントは、できるかどうかではなく、どうなったらいいと思うかを思い浮かべてみること。

私「一緒に出かける時間が欲しい」

ここから、行動に移ります。

行動は自分のことだけです。

相手をどうにか動かすことはしません。

「一緒に出かける時間が欲しい」

じゃあ、何をするか?

方法はいろいろ考えられますね。

「一緒に出かけたくなるイベントを提案する」

「自分の気持ちを伝えてみる」

できるだけ具体的なことをあげてみてください。

そして行動に移します。

ここでのポイントは

結果にはこだわらない!

行動したことで、そこから気づきがあるはずです。


****************

1状態を把握する

2問題となっていることを見つける

3「?」を使う

4意向を見つける

5行動する

****************


さて、「一緒に出掛けたい」がかなわなかったときにも、がっかりしないでください。

そこで出てきた感情は自分で癒すことができます。

「さみしい」という気持ちが出てきました。

これを認めてあげましょう。夫じゃなくても、この気持ちが満たせることをしてみます。

先ほどのアセスメントの中で、私にはわかってくれる仲間がいました。

私自身は心も体も健康です。私自身のことは好きにできそうです。


これが自分の“強み”ですね。


仲間に聴いてもらう。直接会って楽しい時間を過ごすのもいいですね。

さみしい自分を、自分で認めてあげることも効果的です。

自分にプレゼントもいいかも!

私は私のことを大事に思っているよ。そう伝えて過ごしてみましょう。

そのうちにモヤモヤが去っていきまよ。

*************

6自分を大事にする

*************



本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000