安心安全の居場所を作る

カウンセラー&コーチのももこです。


昨日はグループスタディのアシスタントでした。

毎回思うのですが、

「こんな人たちに、夫どもは何をやっているんだー(激怒)」


それはさておき…

最初に参加していた時よりも、参加者さんたちの方が確実にパワーアップしてる!と感じました。

なんでしょう、参加している人たちの個別の揺れ動きはあっても、みなさんが進む方向に迷いがないと頼もしく思えました(^^)

そして私もそのなかで、自分の変化も再確認できました。ありがとうございます!


私は初回参加の時は気持ちがぐらんぐらんで、当人の夫が心配でついてきたくらいでしたから(笑)

さて、せっかくなのでグループで学ぶということの意味を考えてみます。


グループを通じて、相互作用という形で、一緒になって一つのことについて考えることで、気づきを得たり、考えを深めたりできるという事。

参加者同士で頭を貸し出し有って、一つのことについて考えるのですから、その人数分の理解の処理がその場で進んでいくことです。

さらに、その場を共有する一体感があります。

感覚として言葉にはならないけれど、そのときの空気感で体感してわかる、ということも理解をさらに促されるのだと思います。


一人より、二人で話ができた方がいいし、それがグループならなおさら。

ただ、そこで感じた事を処理するスピードは人それぞれで、大勢だと時間差を感じる人はいるかもしれませんね。

それはその人の個性として、より深く自分の中に落とし込む人なのだと思います。


ここまでは、どの勉強会に参加しても感じる事。


不倫された人がグループで話し合うことの効果として、言葉で出す機会を作れることはとても大きいんです。

もちろんカウンセラーも体験者で有れば共感できますし、話を聞いてわかってもらえる安心感はありますよ。

でも、それ以上に全く知らない(不倫された人であるということだけは知っている)人同士が集まって、自分の話をすることで、

人に対する信頼感を取り戻す。

これも大きいと思います。

一番近しい関係の夫に不倫されて。。。となっているときに見失ってしまうことに、「信じる」という事があります。

「もう誰も信じられない」

そうなってしまってもおかしくありません。

だからこそ、同じ体験をした人同士として、自分の経験を分かち合うことができる安心安全の場所にいって、お互いのことを信じて話ができることが、ものすごい成功体験になるんです。

話をすることができる

自分の居場所

をもつことが大事。

そこに行けば、自分の居場所があって、信じられる仲間がいて、自分を出して許される場所があるということが、ものすごくこれからを生きる勇気になります

私自身いい影響を日々受け続けています。

カウンセリングやコーチングで学んだことも大きいですが、人とのつながりを信じていいんだという気持ちになれる仲間が出来たことも、 ここまでの歩みにどれだけの励みになったことか!


私も、そんな人と人がつながって出会える機会を、いつか必ず提供しますね。


人を信じることができると、その先を信じる勇気がもてます。どんなことがあっても大丈夫ですよ!



本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000