手離し期1

~過去の状態~続きです。

  
☆7月の対面・電話カウンセリング&コーチング☆
<< 日程は➡こちら >>
 

~過去の状態から回復までの過程~

(今日のリンクはアメブロです)

それまでの経過はこちら

不安期

ショック期

爆発期

受け入れ期

番外扁~共通の友人


 
不倫されたという事実。

夫が「本当にうつ」な事は

認められるようになりました。


今までは、頭では理解していたけど、

心は納得できていませんでした。
 
心から、「そうなんだ…」とわかっていても、
そう簡単に、夫婦関係が変わるわけでもありません。
 

納得行ったところで、
 

簡単に不倫問題が手離せるわけでもなく、
 
 
相変わらず、表に出さないように注意はしつつ、
 

責める気持ちは持ち続けていました。
 


「この状態をなんとかしたい。」
 

冷戦状態の家は居心地が悪く、
 
 
ただ苦しい場所でした。
 
 
悲しい気持ちが急に湧き上がってきたり、
 
 
どうしようもない怒りで体が震えたりして、
 
 
平日はお互いに仕事以外は引きこもり。
 
 
顔を合わせないで済む日中に、
 
 
夫から、いかに私が人格に問題があるかを
  
  
あげつらうメールが届く。
 
 
「メールではなく、対面で話して」とだけ返信して
 
 
やり過ごすけど、
  
言われたことはずっと頭の中で、
グルグルとまわり続けていました。
 


週末に出かける気持ちにもなれず。
 
 
私が家にいると、夫は朝から出て行き、
 
 
何時に帰るか、それとも帰らないかもわからない。


唯一していた事が、
 
 
家で朝から晩まで、お菓子ばかり焼くこと。
 
 
手を動かすと、少し気持ちを離すことができたから。
 
 
目の前に集中しているときだけ、
 
 
ほんの少し気がまぎれるような気がしました。



今までなら、
 
「この状況をなんとかするために、夫がこうすべきだ」
 
 
となっていたのですが、
 

夫に解決を求める事は出来ないとわかったので、
 
 
自分でなんとかできる事はやろうと決めました。
 

カウンセラーさんには、
 
 
とにかくお勧めの本を教えてください!
 

と頼み込み、教えてもらった本は、
 
 
片っ端から、その本の著者の書いた他のものまで
 
 
手に入るものは全部読みました。




それを信じて行動する以外に、
 
私にできる事は何もありません。
 


夫の「うつ」は私の表面上の落ち着きに関係なく、


状態が良くなったり、悪くなったりでした。



状態が悪い時に、こちらを責めてくると、
 
 
つい対抗して売り言葉に買い言葉で、
 
 
うっかり責め返したりを繰り替えしてました。
 
夫との関係は、一緒には住んでいるけど、
 
それだけ。
 
 
「これからもこの状態がつづくのかな。。。」
 
 
そう思うと、
 
 

「これからも一緒に居る意味なんてない。」


  

そういう夫の言葉がもっともらしく聞こえました。



もう何ができるのかもわからなくなりそうだった頃、


グループスタディを始めますよ、
 
 
という連絡が、お世話になった方からありました。
  

とにかく何かできることがあったと、
 

すがる気持ちで申し込みました。










あとから聞いたところ、

「え!あの喋らない人、本当に来るの!?大丈夫!!?」

と思われていたそうです(笑)


 
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
  詳しいメニューは➡こちら
お問い合わせお申込みは➡こちら
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
写真提供(夫)

本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000