読書紹介~夜と霧

言わずと知れた、有名な著書ですね。


~ヴィクトール・E・フランクルは

心理学者であり、

強制収容所を体験しました~


個人的な体験記録というよりは、


心理学者としてフランクルが


そこでの人間の心の動きに対しての記録


という側面の方が強いです。

 



この本、昔に読んだことがあったのですが、


(それこそ学生時代の課題かなにかで)



不倫が発覚してしばらくした頃、


新版が書店に積まれているところに目が留まり、


改めて購入して読みました。



強制収容所と不倫では、


あまりに差がありすぎると思われるかもしれません。


社会的な評価で見れば、ナチスによる虐殺と


比べられるものではありませんが、


印象に残ったことがいくつかありました。



~もともと体が頑丈な人だけが生き残ったのではなく、

もともと繊細な人も、自由な精神の国を持っていた人は、

困難な外的状況に苦しみながらも、

精神にそれほどダメージを受けないことがままあった~



~生きることの意味を問うのではなく、

その疑問の前に自らが生きて答える~




どんな環境であったとしても、


その外からの状況は、


私たちの内面を必ずしも傷つけるものではない。



生きることの意味を外側の環境である「人」(配偶者)


に答えを求めても、それをどう受け取るかは自分次第。


自分自身がなんのために今を生きているかを、


自分で見つけていくことが、生きることだ。



そんなメッセージを私はこの本から受け取りました。



人類最大の悲劇と比べるものことはできませんが、


そこから経験した心理学者の考えには、


勇気づけられるものが有ります。


本当の気持ちを見つけて引き出すカウンセリング&コーチング

不倫からの再スタート。マイナスからの人生大逆転で楽しんじゃいましょう! 夫婦関係が楽になるカウンセラー&コーチのももこです。

0コメント

  • 1000 / 1000